宝くじ購入代行を始めた理由

年末ジャンボの1番窓口で並んでいた時の話です。

数人しか並んで居ない臨時窓口で大量に宝くじを購入する人を見かけました。

その人はそのまま帰らず、1番窓口の行列の方にきて写真を撮り始めました。

私は数時間の行列の中、考える時間はたっぷりあります。「あんなに沢山、人に頼まれたのかな」「写真を撮って、もしかして1番窓口で買った事にしてる?」「だとしたら許せない」

釈然としないまま家に帰り、あれは何だったのかインターネットで調べ始めました。

そこで宝くじ購入代行なるものを見つけました。

とある会社のページを見てみると「西銀座デパートで」「人気の売り場で」様々なキャッチフレーズが飛び交っていました。

しかし、1番人気で大行列の1番窓口の存在はどこにも書いていませんでした。

全ての謎が溶けました。

空いてる窓口で買ってくるだけの代行業者だったのです。

数時間並んでまで1番窓口で買う私は、憤りを覚えました。

人の夢をないがしろにする行為です。人気の売り場は1番窓口なんです!

遠い、時間がない、様々な理由で買いに行けない全国の皆様に、正真正銘1番窓口の夢のある宝くじを届けたい!そう誓ったのです。

宝くじ購入代行【富くじ屋】を宜しくおねがいします

※当時の名称は「西銀座デパートチャンスセンター」でした。今は改名され「西銀座チャンスセンター」となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする